品質管理・研究開発 高品質で安全な製品をご提供するために。

一層の安心感と満足感、そして楽しさと感動をお客様に。

あえて高い目標を掲げる、德倉基準の品質管理。

德倉では、トップブランドとしての信頼を守るために、一般的な基準よりも高基準の品質の管理を行っております。 その象徴として工場内で徹底しているのが"6S""5T"です。
6Sは衛生面と職場環境についての活動で〈整理・整頓・清掃・清潔・しつけ・笑顔(スマイル)〉を表しており、5Tは品質と生産性の向上を目標とした〈定位置・定量・定方向・表示・標識〉を表しており、各所6S5T責任者を任命し、すべての従業員がこれを実行し、現場パトロールや定例会を行い、常に改善点について模索しレベルアップを図っています。

工場では、リアルタイムの情報共有ができるように、情報掲示板を各所へ設置。
工場の各所には、6S、5Tのパネルを目に付きやすいポイントに掲示しています。
工具類は、収納例の写真を掲示させ、紛失などないよう、整理整頓を徹底しています。

主な研究機材のご紹介

作業着のホコリや汚れを除去します。
特別なマニュアルの手順に従い、手洗いを行います。
工場内では、使い捨てのマスクを必ず着用します。
清潔な通路より、工場へ入場します。

AIB(American Institute of Baking)フードセーフティ監査

AIB

株式会社 德倉は、仕事の基本方針として製品の安心・安全の向上の為、2011年2月、AIB(American Institute of Baking)フードセーフティ監査を受審し「優秀」の評価を受け「Recognition of Accomplishment」(優秀基準達成認定証)を頂きました。監査での指導項目については、作業の見直しや改善・改良を行い、衛生・品質管理の向上に努めています。食品業界に求められる「安心・安全」のレベルがますます高まる中、今後も管理体制のさらなる強化・充実を行いお客様に安心・安全な製品をお届けしてまいります。

お客様のリクエストに120%でお応えするために。

株式会社 德倉では、高レベルでの品質を保つために、研究開発を続けてきました。
試作品や新しい粉砕技術のテストはもちろん、粉砕した粒子の均一度や粒子の大きさをミクロン単位で計測し、日々試行錯誤を繰り返しています。均一な粒子測定には、「乾式粒度分布測定装置」を使用し、さらに、精度を求められる場合は、研究室内に設置された、高精度の「電子顕微鏡」で、一粒一粒状態を確認する場合もあります。
主に糖類の粉砕を行っている工場としては、大げさな研究設備に思われるかもしれません。
しかし、お客様のリクエストにお応えするだけではなく、それ以上のレベルの製品を世に送りだしたいという想いが、この粉砕工場専用の研究施設を設けた理由です。
この研究室で得た分析結果をもとに、お客様と協力し合い、その先のエンドユーザー様にも信頼を得たいと当社は考えているのです。

工場入場前の衛生管理

乾式粒度分布測定装置レーザ回折式粒度分布装置を使用して粒径0.01μmから1000μm以上の微細粉粒体の粒体分布を短時間に測定できます。微細粉粒体の生産条件、品質管理及び研究開発に使用して、お客様のニーズに対応した製品造りに応える重要測定機器です。
電子顕微鏡(SEM)微細粒子の一粒一粒について粉砕断面や結晶表面を観察し、より良い製品開発及び品質の改善に使用しています。微細粉体の表面加工処理製品メーカーとしては、更に研究開発には必要不可欠の精密機器です。
高速液体クロマトグラフ(HPLC)複数混合試料の分離、定量を短時間に測定する分析機器で、各種糖類の成分解析や純度測定等に使用する機器で、お客様への高度な品質保証に対応をしています。
クリーンベンチ食品の安心安全を保証する為に微生物検査を実施しています。この検査をするには外部環境の汚染を避ける為に、クリーンルームで無菌状態のクリーンベンチ内にて精度の高い微生物培養検査を実施しています。
紫外可視分光光度計簡単な比色分析から、成分溶液を発色させて吸光度を測定し、定性定量測定並びにスペクトル分布を測定しています。