会社案内 トップブランドとしての未来と責任。

沿  革 CORPORATE HISTORY

大正8年5月
初代社長德倉高治は江東区北砂に德倉商店を創設。再製糖及び糖蜜の製造を開始、戦時中砂糖統制のため製造を一時中止。
昭和24年
GHQ統制解除とともに砂糖の製造を再開。
昭和27年
株式会社德倉製糖所と改称。精製糖の事業を開始。
昭和38年
東三糖業株式会社と合併。資本金1,300万円となり、同時に粉糖設備を新設、ぶどう糖の粉砕加工を開始。
昭和39年
販売部門及び二次加工部門を株式会社德倉商会として分離。江戸川区長島町で砂糖小袋詰め加工を開始。
昭和48年
糖設備を増設。上白糖、三温糖、グラニュー糖の生産を開始。
昭和44年
廃止予定の製糖事業の継続を決定。油の供給逼迫および価格高騰伴う経済混乱を引き起こしたオイルショックのため、廃止予定の製糖事業を継続。
昭和59年
特定産業構造改善臨時措置法に基づき、北砂工場の砂糖精製設備を廃棄し、他精製糖メーカーに全面委託生産を開始。工場跡地に粉糖設備を増設し、二次加工部門の拡大を図る。
平成2年
難固結性新粉糖(NSP)を開発。粉糖の固結防止方で特許取得し、第53回注目発明に選定される。
平成5年
粉糖のコーティング事業を開始。粉体の表面処理にて特許取得。
平成12年
ISO9002;1994を取得。 
平成13年
德倉と改称する。德倉製糖所が 株式会社 德倉商会を吸収合併し改称(資本金5,000万円)。
平成15年
ISO9001;2000 を取得 
平成18年
千葉県東金市千葉東テクノグリーンパーク内に新工場新設し、生産を開始。 同年、ISO9001を取得(平成20年更新) 
平成20年
笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス」の認定。障害のある人を積極的に雇用する企業として千葉県知事より、千葉県の「笑顔いっぱい!フレンドリーオフィス」の認定を授与される。
平成23年
AIB食品安全統合基準にて東金工場が 優秀基準認定達成認定を受ける。食品安全管理システムの基となるAIB食品安全統合基準にて東金工場が優秀基準達成認定を受け(2月)、そして同年、環境省「エコアクション21」の認証を受ける。(10月)
  • アクセス・マップ
  • ごあいさつ
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 沿革
  • CSRへの取り組み
  • “粉糖”の トップブランド、 德倉の製品のご紹介。
  • 常に最新の 技術と品質を 目指すために。
  • CSR・社会貢献
  • 今日の東金工場